知らないとヤバイ!鼻うがいの方法と効果

空気が乾燥をすると、ウィルスの活動が活発になります。出来るだけ体の中に入らないようにするのが良いのですが、それが難しくなってしまうこともあります。

外から帰った際にはできるだけうがいと手洗いをすることが風邪やインフルエンザの予防に効果的です。

SPONSORED LINK

・鼻うがいとは

鼻うがい

手洗い、うがいは一般的でも鼻うがいはあまり経験がない、という人は多いです。

その名の通り、鼻から水を入れて出す、もしくはそのまま出すという方法です。
鼻から水を入れ、口から出す方法がもっとも効果があります。

これは鼻と口がつながっているということでウィルスを排出する効果を得ることができるのです。

最近では専用のグッズもあるので、難しいことではなく簡単に行うことができます。

最初は苦しいですし、痛みもあるかもしれませんが、慣れてくることによって改善されてくるので、楽に行うことができるようになります。

 

・効果

鼻うがいの効果

鼻とのどを洗浄する効果があるので、体内に侵入をしたウィルスを排出する効果があります。
これにより、風邪やインフルエンザの予防にもつながってくるのです。

ウィルスを取り除くというのは、とても大きなメリットがありますし、乾燥をしていると風邪を引きやすくなってしまうということもあり、鼻の粘膜に適度な潤いを与えることができるようになります。

 

・方法

始めようと思った時、どのような方法で行うと良いのか分からないものです。
最近は動画もあるので、参考にしてみると良いです。

最初は少量から開始すると良いです。

コップの水を少しずつ鼻から入れるというのも良いのですが、鼻うがい専用のアイテムがドラッグストアでも販売されているので、使ってみるのも良いです。
そのほうが行いやすいということがあるのです。

出来れば水ではなく、食塩水で行うとさらに効果も高くなるのですが、その場合には痛みも発生するので注意をしたほうが良いです。

 

・注意点

鼻うがいの注意

やりすぎるのはあまり良いとは言えません。
ですから1日に1回を目安に行うと良いです。

あまり何度も行ってしまうと、鼻の粘膜を傷つけてしまうことにもなってくるので、最初は軽く行うように心がけると良いです。

温度もひと肌程度に温めたものを使うと良いです。
冷たすぎる、熱すぎるということになると、ストレスを感じてしまうので、温度のチェック、管理というのはとても重要です。
行いやすいと感じる温度設定にして、鼻うがいを行うと良いです。

そして洋服が濡れたりすることがないように、タオルを敷くと良いです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ