日焼け後の赤いぶつぶつって一体何?

夏になるとうっかり日焼けをしてしまって、後で「しまった!」なんて事ありませんか? 
自分では、きちんとケアしているつもりなのに、日焼けしてしまった!なんて事よくありますよね。 
そして、たま〜にできてしまうのが、日焼け後の赤いぶつぶつ!です。 
今回は日焼け後の赤いぶつぶつについて調べてみました。 

SPONSORED LINK

日焼け後の赤いぶつぶつ原因 
ひやけ

 夏の暑い日に、思いっきり海や山で遊び気がついてみると、なぜか?首の回りに日焼け後の赤いぶつぶつができていて、ビックリ!した時ないですか? 

私は、たま〜にあります。 
日焼け後の赤いぶつぶつの原因は、アレルギーの一種なんです。 
どちらかというと、色の白い人で日焼けをすると赤くなって黒くならない人に多いです。 
通常、日焼けをすると皮膚ではメラニンという黒色の色素が作られ、過剰な光を吸収してくれるのですが、何かの影響で、上手くメラニンを作る事ができないと、アレルギー反応として赤くぶつぶつした状態になります。 

 

赤いぶつぶつの対処法 

ひやけ2

さて、日焼け後に、赤いぶつぶつが出来てしまいました。 どうしたら良いのでしょうか? 
日焼けは火傷です。 火傷の時は皆さん迷わず冷やしますよね? 
そうです。 要するに、冷やせば良いのです。 

冷たいタオルでも良いですし(私は、濡れタオルを冷凍庫で凍らせてます。) 
凍った保冷剤を濡れタオル巻いて使っても良いです。 
もちろん氷をタオルで包んでも大丈夫です。 そして、ある程度に火照った肌の熱が落ち着いたら、保湿をします。 
なるべく肌に刺激のないタイプの化粧水や乳液を塗って火照った肌を落ち着かせます。 
(肌の弱い人は、なるべく添加物の少ない敏感肌用がお勧めです。) 
また、赤いぶつぶつは、肌にあわない化粧品(日焼け止め等)が汗と一緒になってかぶれてしまう場合もありますので、一度お手持ちの化粧品をチェックしてみるのもよいかもしれません。 

 

日焼けの予防のオススメは? 
ひやけ3

日焼け予防といったら、日に当たらない事!の一言につきます。 ですが、そうも言っていられないのが現状です。 
日焼け予防のオススメを以下にあげてみました。 

  1. なるべく日陰を歩く。 短時間でも日焼け止めを塗る。(洗濯物を干す時も注意です。) 
  2. ツバのついた帽子やサンバイザーかぶる。 
  3. 長袖やアームカバーやストールで手足をカバーする。 
  4. 紫外線の強い時間帯に外出しない。(10時〜2時位が一番強いです。) 
  5. 日傘を使う。 
  6. 車の運転をする時も、紫外線対策をする。(車用の紫外線フィルムなど) 
  7. 曇の日でも日焼け止めを塗る。(曇りでも紫外線は降り注いでいます。) 

SPONSORED LINK

アロエの効果 

ひやけ4

日焼けといえば→火傷。 火傷といえば→アロエ。 

アロエをつかった軟膏もでているくらいですから、その効果は歴然ですね。 
因みに、某メーカーから出されているアロエを使った軟膏の成分をみてみると 
アロエ粉末とワセリンの様な成分のみです!そして、効能書きも火傷となっています。 早い話が、アロエを塗れば良いのでは?と思い、思い出したのが子供の頃の事。 
おばあちゃん家で火傷をしてしまったら、おばあちゃんが庭にあったアロエの葉を、ポッキっと折って火傷に塗りつけてくれました。 それから、数日後に火傷は綺麗に治っていました。 

日本で多く栽培されているのは、キダチアロエという種類の小型のアロエです。 
さて、このアロエ火傷にも効果があると分かった所で使い方です。 
小さい箇所ならば、そのまま葉の汁を塗ります。(切るとトロトロの汁が出ます。) 
しかし、日焼けの様に大きい部分には、ローションを作ったり、お風呂に入れるのがベストです。 

  • アロエローション→アロエの葉の刺を取り、すりおろしてガーゼで漉して 精製水で薄めて日焼け後に塗る。 
  • アロエ風呂→アロエの葉の刺を取り、すりおろしてガーゼに包み、お風呂に入れる。 

★アロエは腐るので、使う度に作ってください。 

また、使う前にはパッチテストをしてください。 
(腕の内側などに一滴たらして9時間くらい様子をみます。 痒みや赤み肌の異常を感じたら使用をしないで下さい。) 
★尚、自己責任でお願いします。 

まとめ 

さて、日焼け後の赤いぶつぶつについては、いかかでしたでしょうか? 
外出時は、紫外線対策をしっかりとして、紫外線の一番多い時間帯の外出は極力さけましょう。 
うっかり日焼けしてしまったら、とにかく冷やして、ローションなどで保湿をこころがけましょう。 
それから、忘れがちですが、睡眠、栄養はしっかりと取る事も重要です。 
(疲れていると皮膚のターンオーバーが遅れて、日焼けが回復しないものです。) 
日焼け対策をバッチリしたら、楽しいお出かけが待っています! 今年の夏も、海に山に楽しんでください。 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ