もうヤダ!足の臭いの原因!重曹で消す方法があった!?

足の臭い

男性、最近では女性でも足の臭いを気にされる方は少なくありません。
どうしてこんな臭いがするの?
そもそもどうして臭うの?
これがイライラしたこともあったかもしれません。

それを解決するのに重曹が役に立つかもしれません。

SPONSORED LINK

足の臭いの原因

足の臭いの原因

足の臭いの原因は大半が汗と細菌です。
足の裏には体の他の部分よりも汗腺が集中しています。
それは両足で、1日にコップ1杯分の汗をかくくらいです。

でも実際のところ、足の裏の汗腺から分泌される汗はほぼ無臭。
となると、大半の原因は細菌です。
表皮ブドウ球菌やバクテリアなどが汗と一緒に流れ落ちる角質を分解するため、足の裏の臭いの原因となってしまうのです。

まずできることは、軽石などで足の角質を落とすこと。

分解する角質がなければ、臭いが発生することもありません。

また、中には足が蒸れやすい方もいらっしゃるかと思います。
靴下を5本指のものにしたり、自宅では素足で過ごすのもいいですね。

まずはできることから始めてみましょう。

【関連記事】

足の臭いはミョウバンで改善することができる!?

重曹と消臭の関係は?

重曹は、「炭酸水素ナトリウム」という物質からできています。
中学の理科などで聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
重曹の特徴の中に、中和作用と消臭作用があります。

重曹は弱アルカリ性なのに対し、皮脂や汚れは脂肪酸という物質でできているので酸性。
ということは中和ができるということです。脂肪酸は中和することで水溶性となり、汚れが落ちます。微生物の繁殖を防いだり、悪臭を抑える効果もあります。

悪臭を中和したあと、臭いそのものを消してしまうのが重曹消臭の大きなポイントです。
芳香剤は他の匂いで覆いかぶせることで消すのに対し、重曹は悪臭を吸収するため、なくなるのです。

温泉に重曹の成分が含まれているものもあるなど、重曹の存在はかなり身近なのですね。

SPONSORED LINK

重曹を使ったケア

重曹を使ったケア

重曹で足湯がおすすめです。
洗面器にお湯を入れて、その中に大さじ2,3杯の重曹を入れ、15分ほど足湯をします。
これだけで足の消臭になるのです!!
また、この中に大さじ1ほどの酢を入れても◎。

重曹は靴の臭い対策にも役に立ちます。
靴は雑菌の宝庫。なぜなら、汗や皮脂、垢などの雑菌の栄養が豊富、そして湿度が高く、温度が高い。靴の臭い対策にも重曹は役に立ちます。

まず、1/2カップの重曹を使い古した靴下などに入れます。
そして臭いの気になる靴の中に入れて一晩置くだけ。これだけで臭い対策になります!

また、youtubeでわかりやすく紹介されていました↓↓↓
こちらはクエン酸を使って美容にも気を使った方法で分量は適当笑
簡単ですよ♪

https://youtu.be/2HQiABwCOWs

まとめ

臭いの原因は足の裏の角質を分解する細菌のせいだということがわかりました。

いつも履く靴は細菌の宝庫なので非常に繁殖しやすいです。
カップ1/2分の重曹を用意して小さな袋などに入れて靴に入れて一晩置けば、
それだけで消臭の完了です。それに重曹を入れたお湯に足を浸けておけば、足での対策も完璧です。

是非、お試しあれ。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ