喉がかゆいから咳が出るってホント?風邪?アレルギー?死ぬの?

マスク最近、喉が何故だかかゆい、一緒に咳も出る。
そんな症状でお悩みでしょうか?この記事では喉がかゆくなる原因について解説していきます。

少しでも原因がわかれば次の対処も打ちやすいはず!

そんな思いを込めてご紹介していきます。

SPONSORED LINK

喉がかゆい原因って?

喉のかゆみの原因は、主に、ハウスダストや花粉などのアレルギーによるものと、細菌やウィルスによる炎症によるものに分けられ、原因が口の中や喉にはりついたことによってかゆみをもたらしています。

では、更に喉のかゆい原因の要素を深掘りして見ていきましょう。

 

アレルギーによるもの

 ◇ハウスダスト

室内には、カビ、ダニ、ペットの毛など目に見えないごみがあり、アレルギー症状を起こす原因の1つと考えられています。ハウスダストを減らすには掃除をこまめにするしかありません。

ダニは、高温多湿を好むので、布団は布団乾燥機にかけたり、天日干しにしたりして、ダニを死滅させることです。

 

 ◇花粉

花粉が体内に入ることで、アレルギー反応を引き起こし喉がかゆくなることがあります。花粉が多く飛ぶ時期には、窓を閉めて花粉が部屋に入り込まないようにしましょう。外出するときには、マスクやメガネをつけて花粉から身を守りましょう。

実は、それは花粉症の症状かもしれませんので下記の記事で簡単な見分け方についてご紹介しています。

 

 ◇食物アレルギー反応がでる食べ物を避ける

特定の食べ物によってアレルギー反応を起こし、口や喉がかゆくなることがあります。アレルギー反応を起こしたら、アレルギー専門科を受診し、原因となる食べ物を特定し、医師と相談しながら、食事療法をしましょう。。

 

SPONSORED LINK

細菌やウィルスによるもの

 ◇口の中の乾燥を防ぐ

鼻が詰まることにより、口呼吸になり、喉が乾燥します。喉が乾燥すると、粘膜の働きが弱まるので雑菌などが喉に張り付きやすくなりますので、乾燥を防ぐために、マスクをつけたり加湿器をつけて保湿を心がけるようにしましょう。

 

 ◇唾液の分泌を促す

口の中が乾燥すると、唾液の分泌が減ります。唾液は殺菌や抗菌作用があるので、唾液が減ると喉の防御機能が弱まり、細菌やウィルスなどの感染リスクが上がってしまいます。また、ストレスなどで、交感神経が刺激されると唾液が少なくなります。唾液を正常に分泌させるには、ストレスがない生活を送ることと、口呼吸をしないことです。

 

 ◇バランスのとれた食事

鼻や喉の粘膜を強くするのはビタミンAです。

 

  • 緑黄色野菜
  • レバー
  • チーズ

 

が含まれています

免疫力を強化するのはビタミンCで、

 

  • レモン
  • イチゴ
  • ピーマン

 

といった食材が有効です。
また、免疫物質を作るのはタンパク質なので、

 

  • 大豆製品
  • 魚類
  • 肉類

 

これらを毎日の食事でとりましょう。

 

 ◇質のよい睡眠

睡眠が不足すると疲れが十分に取れないため、体力が低下し、それに伴い、免疫力も弱まります。寝ている間、身体の中で、細菌と戦う免疫や抗体がたくさん作られているので十分な睡眠をとり身体を休めましょう。

質の良い睡眠を取るために自分にあった枕を選ぶというのも大事となりますので気になる方は下記記事でオーダーメイド枕についてご紹介しています。

まとめ

喉がかゆいと何につけても集中ができなくなりますね。まずは、できるだけ早く喉のかゆさを緩和する処置をとりましょう。アレルギーが原因であることも多いので、「もしかしたらアレルギーかも」と思った場合は、アレルギー検査を受けてみるといいですね。

まず、自分にどんなアレルギーがあるのかを的確に知ることが大切です。そして、次にどんな処置の方法があるのかと知って、普段から備えておくと慌てずに済みます。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ