花粉症ほうっておくと危険?サプリ初心者のすゝめ

動画出典:たけしの万物創世記

まだまだ寒い日が続いていますが、暦の上ではもう春です。間もなく花粉の舞い始めるころですが皆さん、花粉症対策はばっちりですか?

中にはじっとこの花粉の時期を耐え忍ぶだけという方もいらっしゃると思いますが、実は花粉症をほうっておくことは思っている以上に危険なのです。

SPONSORED LINK

花粉症をほうっておく危険性

ご存知の通り花粉症は花粉を体が異物と判断して過剰に反応するアレルギー症状です。
確かに目がかゆくなったり花がむず痒くなってこの上なく不快には違いありませんが、さすがに命の危険はないだろうという風に思われる方が多いでしょう。それだけなら良いのですが、花粉症は放っておくと合併症を招く場合があるのです。

例えば、喘息、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎があります。
一見これらは大したことないように思われますが、そんなことはありません。

喘息は発作になると、気道が狭くなり呼吸困難になることもあります。
アレルギー性鼻炎は放っておくと副鼻腔炎を合併する可能性が高まり、さらに悪化すれば、視覚障害や脳の髄膜炎などを引き起こして死に至る可能性もあります。

また花粉症に伴って発症しやすくなる口腔アレルギー症候群も侮れません。
これも最悪の場合呼吸困難や意識障害を引き起こします。

このように花粉症自体は直接生命に関わることはありませんが、そこからくる合併症には十分注意が必要です。

そうなると予防対策が大事になってきます。マスクや花粉症メガネは来てから重宝するでしょうが、あらかじめ何かできる対策や予防法はないのか? 例えばサプリのようなものは?

そこでご紹介したいのがヘスピリジンという青みかんの皮に含まれている成分です。

 

ヘスペリジンとは

 

ヘスペリジンとは? 効果・働き

主に青みかんの皮にたくさん含まれているヘスペリジン。
それは毛細血管を強くし、血流をよくする働きがあります。

特に花粉やハウスダストによる鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどのアレルギー症状によく効き、予防対策になります。

古来より東洋人はみかんの皮を陳皮として七味や漢方として服用してきました。ご家庭でもみかんを食べて皮を捨てるのはもったいないかもしれませんが、一つ問題なのは農薬です。

もちろん有機栽培であれば問題ないですが、そのあたりの心配もないサプリのようなものがあればいいなと、思って調べるとありました。青みかんの力という商品です。

30%off!「初回限定」青みかんの力【プロポリス入り】1
3,024円(税込)

 【関連記事】

青みかんの力〈プロポリス〉の効果・特徴

青みかんの力のサイトはこちら

サイトでも紹介されています通り、ヘスペリジンの毛細血管強化、血流改善、抗アレルギーの効果に加え、プロポリスも入っていますのでさらに抗菌・抗ウィルスの効果が期待できます。

みなさんも是非、このサプリで花粉症の季節を乗り切りましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ