麻のジャケットメンズ・レディース選び方!手入れ方法にも工夫が!?

春になると、薄手の麻のジャケットを着たくなりますよね。
でも、これって洗濯などの手入れ方法はどのようにしたらよいのでしょうか。

それらについてまとめてみました。

SPONSORED LINK

麻のジャケットメリット・デメリット

メリット

・通気性がよいこと

・吸水性が高い

・洗濯をするとより強度が増す

・光沢があり綺麗に見える

 

デメリット

・シワになりやすい

・カビに弱い

・濡れた状態だと毛羽立ちやすい

・肌への刺激が強い

・透けやすい

 

通気性がよく、春や夏のファッションに役立つ麻のジャケット。
ですが、そのまま着ると肌への刺激が強いこともあり肌が弱い人だとかぶれてしまうおそれも。

洗濯面ではシワになりやすいため保管のときには注意が必要ですが、綺麗な状態で洗濯するとより強度が増し、丈夫な生地になります。また、麻の色によっては下に着ているものまで透けてしまうということもあるので、組み合わせるときには注意が必要です。

SPONSORED LINK

選び方

麻ジャケット

参考URL: http://www.sakazen.jp/pc/item/detail.cgi?itemCd=_3673100015

例えば男性だと、ナチュラルな色の麻のジャケットに、白のシャツ、カジュアルなネイビーのパンツでカッコ良く着こなすことができます。
パンツとジャケットの色は反対の色にすると上手く着こなせますね。

 

女性用麻ジャケット

参考URL:http://milanda.net/?p=298

女性でも同じです。紺の麻のジャケットならクリーム色のスカートやチノパンなど。
スカートで可愛いらしくもなりますし、パンツでカッコ良く着こなしもできます。

靴は黒のようなカッチリしたものよりも男性ならブラウン、女性ならパステルカラーのように明るい色味のものが合いますね。

麻の質感はとても軽いもの。ファッションもそれに合わせて軽やかなものになると◎です。

 【関連記事】麻のジャケットのシワが気にやるやつはコレだけ読んどけ!

お手入れの仕方・麻のジャケットで注意するポイント

気をつけるポイントは、長時間の着用を避けること。
どの繊維のものを着てもそうなのですが、長時間、しかも連日着用すると汚れが蓄積していき、繊維の状態が悪くなります。

麻の場合ですと、汚れに加えてシワがどんどん酷くなっていきます。
基本は1日単位での着用にしましょう。1日着たら洗濯が基本です。

では洗濯の方法についてまとめましょう。
自宅での洗濯は可能ですが、装飾がされていたり、2色以上の色を使っている場合などは洗濯できないことがありますので洗濯表示をよく見るようにしましょう。

使う洗剤は中性洗剤です。
「おしゃれ着用洗剤」というものがありますが、そちらの利用で大丈夫です。

基本の洗い方は手洗い。
特に汚れている部分を先に落としておいてから、中性洗剤を浴槽に入れておいたものに10分ほど浸けておき、終わったらすすぎます。

そして木製のハンガーに吊るして日陰干ししましょう。
ここで大切なことは、すすぎ終わったときに脱水をしたり絞ったりしないこと。そのときにできたシワが残って、そのまま伸びてしまいます。

カッチリと着たいときにはアイロンがけをしましょう。
カジュアルに着たい場合には洗濯したままで大丈夫です。
アイロンがけをするときの温度は180~200℃。優しくアイロンがけをすることがコツです。

通気性もよく、春夏にぴったりの麻のジャケット。是非ファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ