猫背矯正ベルトの効果・ランキング!気をつける9つのポイント

猫背4

猫背は肩こり、頭痛、肥満目の疲れなど様々なところに影響を及ぼしています。

そこで、猫背対策として考えたいのが姿勢矯正ベルトサポーターです。

値段も安いものから、専門的な高価なものまであります。その違いは体の構造を知り尽くした専門家が監修した商品か、それとも背中をサポートするだけの商品かです。

 

短時間なら安いものでもいいのですが、長い時間使いたいなら体の構造に負担のないある程度値段が高いものがいいでしょう。

せっかく購入するなら正しい使用でより効果が得られるといいですよね。

ここでは、猫背矯正ベルトを正しく使って、背筋を伸ばす方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

猫背を矯正する前に気をつける9つのポイント!

◆前かがみに気をつける

猫背の人に多いのは、前屈みになっていることが多いことです。猫背矯正ベルトをしたら、前屈みになるときにグッと後ろに引っ張られるような感覚を覚えるはずです。この感覚こそ背筋が正しく伸びていない状態となるため、しっかりとベルトを調整しましょう。

 

◆装着時間を延ばしていく

このベルトは、装着し始めは違和感があるでしょう。最初は10分〜20分位を目安に着けるのがお勧めです。無理して長く装着すると、背骨などを痛めてしまう危険性がありますので、まずは少しづつ着けていきましょう。

 

◆負荷は痛めすぎない程度で

猫背矯正ベルトは、姿勢改善のためのものなので、若干の痛みを伴います。痛みに耐えることは体への負担が多いのでお勧めできませんが、痛めすぎない程度の負荷をかけながら、猫背矯正ベルトを装着し、背筋を伸ばしていきましょう。

 

◆真っ直ぐの状態を意識

姿勢の改善には、日常の曲がった背筋を伸ばす日々の意識が必要です。

真っ直ぐとした姿勢のを意識することで背筋は確実に伸びます。意識を持つためにも猫背矯正ベルトは必要なアイテムです。

SPONSORED LINK

◆ベルトを使い腹筋を働かせる

猫背の原因には腹筋力の低下があります。腹筋をが強ければ、正しい姿勢を保つことができるので、猫背矯正ベルトにはそれを支える役割も担っています。猫背矯正ベルトを使用しての腹筋運動をすることで、背筋を伸ばしましょう。

 

◆猫背矯正ベルトで背筋を働かせる

背筋を伸ばすためには猫背矯正ベルトを装着しながら背筋のストレッチなど行うと、より正しく背筋を伸ばせます。

 

◆胸椎のストレッチをする

腹筋や背筋と違い、胸椎は自分で意識して伸ばすことが少ないので、鍛える必要があります。

胸椎の動きが悪くなると、可動域が縮まってしまうので、猫背矯正ベルトをつけた状態で、両腕を軽く曲げた状態で肘を背中側に引き寄せ、腕を戻して背筋を再度伸ばしてあげるなどしながら胸椎を伸ばしましょう。

 

◆慣れてきたら、装着時間を延ばす

しばらく猫背矯正ベルトをつけていると違和感が減ってくるでしょう。それは体に変化が起こっている証拠です。そうしたら、装着時間を少しずつ延ばしていきましょう。

 

◆姿勢のチェック

背筋を伸ばすにも、自分がどのような姿勢になっているかチェックする必要があります。

左右・前後、どこに重心がかかっているかなどを確かめて、正しい位置にもどす必要があります。猫背矯正ベルトををつけた状態で何度も姿勢をチェックすることをお勧めします。

 

猫背を改善するには猫背矯正ベルトを正しく使用することが大切です。ただ、正しい使用方法をしないと、体を痛めてしまったりすることがあります。しっかりと正しい方法で効果を出しましょう。

猫背が改善されることは肩こりなど見た目以上にいいことがたくさんあります。

猫背3

猫背矯正サポーターランキング

さて、最後に、どういった商品が実際に売れているのか最近のランキングを上げておきましょう。

第1位
 

第2位
 

第3位

第4位

第5位

いかがでしたでしょう。猫背矯正ベルトは女性だけでなく男性もつけられるので現代人のデスクワークが多い仕事の方には必要なのではないでしょうか?これで自分に合ったものをみつけてアナタの姿勢美人ライフに一役買うことができれば幸いです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ