手首が痛いのはガングリオンが原因?症状と対策紹介

hand私がまだ小さい頃遊び友達の手首に大きい瘤ができていたのを覚えています。触ると硬いのですが痛くないと言っていましたね。

最近長男の手首にも飴玉ぐらいの同じようなものが現れ、痛みはないようですがぶよぶよしていて悪い病気ではないか心配しました。

長男は病院へ行ってガングリオンと診断され治療を行いましたが、どうもまた再発しているようです。中には痛いガングリオンもあるようで、珍しい病気でもなさそうです。
ガングリオンについて詳しくお話します。

SPONSORED LINK

ガングリオンとは?

手首など関節や腱鞘の周りに発症しやすく、ゼリー状の液体が詰まった瘤です。ガングリオンは20~50歳で多発し、若い女性に多く発症率は男性の3倍といわれています。

ガングリオンの原因は?

原因として関節を動かし過ぎることやストレスなどが取りざたされていますが、手首を良く動かす人に必ず現れるとは限らず、はっきりとした原因はまだわかっていません。

今のところ関節や腱を動きやすくする滑液の生成細胞に異常が現れ、粘液が生じて瘤状を形成するのではないかといわれています。

hand2

ガングリオンの症状は?

関節や腱鞘の周辺に米粒大から大きいものになるとピンポン玉位の大きさの瘤ができます。最初は指で押せばぶよぶよと柔らかく感じるものが多いのですが、脹れると硬くなり軟骨と勘違いする人もいるようです。多くは痛みなど感じないのですが、たまに神経の側にできると神経を圧迫することからしびれや痛み、運動障害などを発症する人もあります。

また手を使いすぎることで瘤が大きくなる傾向にあるようです。小さいガングリオンができたからといって必ず大きくなるとは限りません。徐々に大きくなることもあれば急に縮小することもあります。

SPONSORED LINK

ガングリオンが痛い以外、害はあるのでしょうか?

ガングリオンは良性の瘤で、しびれや痛い症状がない限りはそのままにしていても体に深刻な害は起こりません。しかし、瘤が小さいうちはまだよいのですがピンポン玉ぐらいの大きさになるといつも目につき、大きくなることで神経を圧迫して痛い症状が出る可能性がありますので治療をした方がよいでしょう。比較的女性に多い症状なので美容的に気になる人は治療を行うとよいでしょう。

ガングリオンの様々な治療方法

無症状の場合一般的に行われる治療方法が瘤に直接注射針を刺し内容物を吸引する方法です。何度か再発するようですが、繰り返し吸引して内容物を排出しているうちにいつの間にか治ることもあります。
無症状の場合はガングリオンを押し潰す治療法も行われます。

他にも患部にレーザーを当てる治療もありますが、症状によって3~4回の施術が行われるため1~2ヶ月の通院が必要となります。注射針で吸引するよりは再発しにくい治療法です。

上記の治療法を行っても再発を繰り返す場合や神経、血管を圧迫して痛みやしびれなどを発症している場合は手術を行いガングリオンの袋を取り除きます。
 
ガングリオンの改善方法をクイック解説

まとめ

ガングリオンは皮膚の色が変わるわけではないので小さいうちはすぐに気が付かない人も多いのではないでしょうか。ある時「何かぶよぶよとしたものがあるな?なんだろう?」位で、さほど気にかけていなかったらいつの間にかなくなっていたという人もいるかもしれません。

しかしごく稀ですがガングリオンとよく似た悪性腫瘍がありますので、気になる症状の時は病院で診察を受けましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ