酷使する現代人へ!目に良い食べ物ご紹介!組み合わせで効果が上がる↑秘密

目の疲れ(出典:いらすとや)

現代社会で欠かせないものとなっているパソコンやスマートフォンなどの電子機器。
液晶画面とにらめっこをしている時間も長く目への影響も懸念されます。目に良い食べ物を摂って負担を減らしましょう。

SPONSORED LINK

目に良い食べ物一覧

目に良い食べ物(出典:いらすとや)

 

ブルーベリー

眼精疲労に効果的でポリフェノールの一種で有名なアントシアニンを始め、美肌効果やアンチエイジングにも効果を発揮するビタミンA・Eやベータカロチンも豊富に含まれています。
又、食物繊維がバナナやキウイと比べてもとても多く腸の動きを活発にしてくれます。

 

緑黄色野菜

ケールやほうれん草、ブロッコリーに多く含まれるルテインが液晶や蛍光灯などの人工的な光から発せられるブルーライトを遮断するだけでなく吸収します。その他にも光による酸化を防ぐ抗酸化作用も兼ね備えていて最も重要な成分だと言われています。

 

レバー

ビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸が多く含まれています。ビタミンAはアンチエイジング以外にも目の粘膜を強くさせる働きがありドライアイには特に効果的です。

鉄分が不足すると酸素の運搬が滞り血流が悪くなり眼精疲労だけでなく目の下のクマにも繋がります。葉酸は末梢神経の傷を修復する効果があり目の疲れによく効きます。

 

魚介類

アサリ、イカ、サザエ、タコ、ハマグリ、ホタテといった魚介類には視神経の働きを正常にさせるタウリンが豊富に含まれています。

 

オススメの食べ物の組み合わせ

食べ物の組み合わせ(出典:いらすとや)

網膜の栄養となり夜盲症予防にもなるビタミンA、ベータカロチンはカボチャやほうれん草などの緑黄色野菜を使ったグラタンにするのがオススメです。

ビタミンB群は水溶性ビタミンで水に溶けやすく熱に弱いので調理方法によって含有量が変動します。豚ヒレ肉の炒め物、胡麻和え、蕎麦に海苔をまぶすというように一日の献立全体で組み合わせてみましょう。

白内障予防効果のあるビタミンEは油や脂肪の多い食品と一緒に調理するとより効果が出るとされています。シシャモを10尾ほど食べやすく油で揚げるとちょうど一日の必要目安量ほどになります。

 

まとめ

目の疲れ(出典:いらすとや)

目の疲れは視力低下に繋がります。もっとよく見ようとして無理な姿勢をとって肩こりを引き起こしたり、集中力を高めることで神経が緊張して頭痛やめまいになったりと身体の別の場所まで異常が出始めてしまいます。

生活環境を改善しない限りさらに悪化してしまいますのでなるべく早めに対策を立てましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ