眠気と倦怠感で頭痛がつらい!目が冴えて楽になるための3つの方法

 

眠気や倦怠感は春というせいもあるかもしれませんが、誰もが疲れたりすると感じるものです。しかし、その程度や頻度が問題です。眠気や倦怠感がひどくなり頭痛までになったら、どうしたらよいでしょうか?

案外、その陰には病気が隠されているのかもしれません。眠気・倦怠感、頭痛の解消法、解決策を考えて見ましょう。

SPONSORED LINK

 陽気が良くなると、誰でも眠気や倦怠感を多少は感じるものです。その原因はおおまかに次のように分けることができます。

  • 睡眠不足が続いた。
  • 普段の生活のストレスがとても強い。
  • 食生活が貧しいか、栄養などがアンバランス
  • 何らかの病気

 季節の変わり目に眠気や倦怠感を感じるのは、気温や気圧の上がり下がりが激しく、体がうまくついていけず、それが倦怠感などにつながり、悪くすると頭痛につながったり、体調を崩すのです。

 倦怠感1

【出典】ぴんの情報館http://ping-jing.com/2646.html

 

ストレッチや運動も有効

 背景に病気がないとしたら、それを改善する方法は以下のようなものです。

 

◆自然に任せる。病気が背景にないなら、時間の経過とともに、だいたいが回復するものです。

◆時間が経っても変わらなければ、次のような対策・対応をしてみましょう。

  • 入浴

 自覚がないとしても体が冷えることで眠気や倦怠感を感じるのかもしれません。症状が出たら、お風呂に入ることで体を温めます。

  • 頭を冷やす

 体を温めても改善しない場合、頭を冷やすことで自律神経が切り替えられ、眠気などを解消できる場合があります。

  • ストレッチや運動をする

 運動不足な方が多い昨今、全身の血行が悪い状態が続き症状が出る場合があります。体を動かし血液循環を良くします。

  • 栄養補給

 体調が思わしくないのは、日常的に栄養の偏りや不足が原因の場合が多いものです。不足しがちなミネラルやたんぱく質などを旬の食材から選び補給するようにします。

 

【動画】

自宅で出来る体の倦怠感(だるさ)を取り除くストレッチ方法!セルフ編 ひだか接骨院各務原分院

最初にも触れましたが、「ストレス」にスポットを当て、さらに考えてみます。皆さんも多かれ少なかれ、毎日ストレスは感じますよね?さまざまな事が次々と起こり、「なんで私だけ?」などと愚痴りたくなるでしょう。

 

でも、それは誰もが同じはずです。日々発生するストレスの原因となる物事に反応し過ぎると、次のようなことにもなりかねません。つまり、うつ状態、うつ病、自律神経失調症などです。

 

 季節の変わり目に要注意

特に自立神経失調症の最大の原因はストレスにあるといわれます。普段の人間関係や仕事の中で感じる緊張や不安などがひきがね、とされます。

また、この自立神経失調症は季節の変わり目や気候の変化などでも起こりやすい疾病です。ストレスが多い仕事や海外勤務など、季節の変わり目、人生の変わり目などには要注意です。

 倦怠感2

【出典】ヘルスケアファクトリー

 

さて、種々の原因によって起こる眠気や倦怠感ですが、頭痛につながるまでにひどくしないためには次のような手を打っていくことがよいでしょう。

 

  • 生活習慣から来る眠気や倦怠感には…

睡眠時間をキチンと確保したり、3度の食事を取る―など生活リズムを整える。特に食生活の改善やストレス解消(運動、リラックスなど)はとても大切です。

  • 病気が原因と思われる場合…

 少しでも病気の不安があるなら、受診し、かかりつけ医や近隣の医師に相談しましょう。素人療法は禁物です。

 

まとめ

 眠気や倦怠感は季節の変わり目や環境の変化で誰もが感じるものです。その程度の軽い、重いの差があるだけです。大半の場合は睡眠を十分にとる、ストレス解消、食事の工夫などで軽減されます。

しかし、自律神経失調症や頭痛がひどいなどの場合は背景に病気が隠されているケースもあります。そういう懸念がある場合はすぐにかかりつけ医などを受診しましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ