睡眠時間を短くする方法!平気な人がしているコツとは?  

睡眠時間3

睡眠時間が10時間無いと日常に差し障る人もいれば、5時間くらいでも十分だという人がいますね。睡眠時間が短くて済むなら、起きている時間を有効に使えそうです。

さて、その差はいったいどこにあるのでしょうか。

ここでは、睡眠時間を短くする方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

睡眠時間を短くするときやってはいけない方法

長時間睡眠の人が、短時間睡眠にしたいからといって、一番やってはいけない方法は、無理やり寝る時間を減らして体を慣れさせる方法です。

生活を変えずに目覚まし時計の時間を早めて起きる方法は、睡眠不足によって心身に様々な悪影響を及ぼし、不眠症や「睡眠不足症候群」という睡眠障害にかかる可能性があります。

「睡眠不足症候群」とは睡眠が足りない状態が続く事によって起こる睡眠障害です。

午後2時以降に意識を保っていられない程の異常な眠気を感じたり、休日の睡眠時間が普段より2時間以上多い人は睡眠不足症候群になっている可能性があります。仕事による疲れやストレスと勘違いして、症状を見逃してしまう場合があるので注意しましょう。

睡眠時間2

 

睡眠の種類

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類あります。

レム睡眠とは夢を見る浅い眠りで、ノンレム睡眠とは夢を見ない深い眠りです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠リズムはセットになっていて、90分サイクルで繰り返されます。よって、90分サイクルの目覚めがスッキリ目覚める事ができると言われています。

調査から、病気になりにくい理想的な睡眠時間は7時間程度と言われていて、7時間より長くても短くても病気になる可能性は増えるそうです。しかし短い睡眠時間でも健康かつエネルギッシュに活動できる、体質の人がいるのはどうしてでしょうか。

その秘密は眠りの深さの違いです。

長時間睡眠人は眠りが浅いため、長さで補っているということです。それでは効率的に深い眠りに入る睡眠法を紹介します。

 

SPONSORED LINK

効率的な睡眠を取るためのポイント

効率的な睡眠を取るためのポイントは下の7点になります。

  • 休みの日でも規則正しい時間に起きる!
  • 毎朝朝食を取り、同じ時間に食事をする!
  • 日中に15〜20分の仮眠をとる!
  • 日中は適度な運動を行う!
  • 夕食は少なめにして、寝る3時間前は食べない!
  • 入浴は寝る2時間前に!
  • スマホやパソコンは寝る前2時間はみない!

同様にサラリーマン必見の睡眠時間を短縮する方法が動画でご紹介していますので御覧ください。 

 

まとめ

短時間睡眠は生活リズムと太陽の光を利用して、個人差に合わせて睡眠時間を短くする事ができます。不眠に悩んでいる人にもおすすめなので、薬を使う前にこの方法を試してみてはいかがでしょうか。実行できれば精神的にもきっと前向きになれますよ。

就寝中の熱中症予防には寝る前にコップ1杯半の水分補給をしましょう。短時間睡眠に興味がない人でも気持ちよく快眠できる方法として、是非実践してみてください。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ