こんな機能知らなかった!iOSのYahoo!キーボードがある意味すごい

いまでもガラケー愛好家は居ますが、

ほとんどの人がすっかりスマホやアイフォンを使っていますよね。

 

そんな中、検索エンジンとしてグーグルに並び有名なYahoo!より、アイフォンの為のキーボード無料着せ替えアプリ「Yahoo!キーボード」が話題を呼んでいます。

SPONSORED LINK

今回はそんな気になるYahoo!キーボードの使い心地、

またその特徴について見ていきましょう!

yahoo1yahoo2

(引用元:https://itunes.apple.com

 

Yahoo!キーボード とは

そもそもYahoo!キーボードとはどんなものか。

何かが気になって居る人もいますよね。

 

こちらは文字通り、アイフォン向けに作られたキーボードのカスタムアプリです。スマホには対応していませんので、互換性のある機種はしっかりと確認しておきたいですね。

 

『対応機種』はこちらになります。

・iOS 8.0以降

・iPhone

・iPadおよびiPod touch

 

デフォルトのままではちょっと物足りない、アイフォンで文字を打つ時のキーボードをより楽しく使いやすく可愛くの三拍子、自分だけのオリジナルにカスタマイズするための物なのです!

 

iPhoneキーボードを自分好みのデザインに!【Yahoo!キーボード】

 

特徴・使用感

Yahoo!キーボードの特徴と、その使用感はどんなものでしょうか。

 

先ずは変換精度。

漢字に変換する際、例えば「硬い・固い・堅い」や「計る・図る・測る」のように、複数候補がある変換は予測変換だけでは違う意味の漢字を使ってしまいがちですよね。でも、Yahoo!キーボードは前文の意味に合わせて正しい変換を行ってくれるので、この辺りはかなり使い勝手がよくなっています。

 

変換と言えば、漢字以外にも最近ではいろんな顔文字や絵文字にも対応しているカスタマイズが多いですよね。例に漏れず、Yahoo!キーボードでもいろんな顔文字や絵文字を搭載していますので、文章をより楽しく作る事ができますよ!

yahoo3

(引用元:https://itunes.apple.com

 

また「カナ入力」と「英数字」などのキーボードを変換するのに、デフォルトだとボタンを押して変更していましたが、Yahoo!キーボードならスワイプ操作で簡単に切り替えることができて便利です。

ただし、こちらは意外と入力中のスワイプ暴発もみられるので、ちょっと慣れが必要かも。

 

これとは逆にデフォルトではタッチ操作でしか文章を入力するためのカーソルを移動させられなかったのですが、矢印ボタンでカーソル移動ができるようになっています。こちらも慣れの範疇ですが、便利になった場所ではありますよね。

yahoo3

(引用元:https://itunes.apple.com

 

全体的に、デフォルトよりも確実に便利に使いこなす事ができるのです!

SPONSORED LINK

新しく追加された検索機能って?

上記の便利な機能のほかに、Yahoo!キーボードに新たに追加されたのが、

『検索機能』『急上昇ワード』

 

検索エンジンであるYahoo!ならではの、キーボードを使いながら人気のワードを検索したり、いま注目のアクセス急上昇ワードをチェックすることができます。

 

ただし、これに関してはまだまだ始まったばかりのサービスで、

賛否両論いろんな声もあがっているため、今後の改善に期待といった感じですね。

 

Yahoo!キーボード Q&A

最後に、Yahoo!キーボードに寄せられたQ&Aを簡単にご紹介。

 

Q.「ああああ」と連続で入力するには?

A.Yahoo!キーボードのアイコン>左上の歯車アイコン>フリックのみをオン。

で、入力できるようになります。

 

Q.キーボードにでてくる下線を消したい。

A.iPhoneの設定から、一般>アクセシビリティ>ボタンの形をオフにしてください。

 

Q.設定画面で登録したユーザ辞書データが反映されない。

A.「フルアクセスを許可」がオフだと反映されないのでオンにしてみてください。

  また、許可しているのに「フルアクセスが許可されていません」となる方は、一度フル

アクセスをオフにして、再度オンにしてみてください。

 

今回のまとめ

スマホやアイフォンを機能的に使ったり、飾り気のないキーボードを自分好みに変えてみたりと、カスタムアプリには日頃お世話になりますよね。ぜひ、いろんなアプリを試して、皆さんに合ったカスタムを目指してみてください!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ