究極の日傘”サンバリア100”は何が違いは?

通常の日傘との違い

日傘

(参考:くらしの小径)

日傘の役割は紫外線、赤外線、可視光線といった太陽光を防ぐためにありますが、それを100%カットするのはとても難しいことです。

通常の日傘は紫外線のカットをアピールすることはあっても、赤外線や可視光線についてはほとんど触れられていませんが、このサンバリア100はこれらを全て完全遮光することができるのです!

SPONSORED LINK

サンバリア100の特徴

日傘

(Arbix通信)

上でも説明したように紫外線、赤外線、可視光線を100%完全遮光できるのが最大の特徴となっています。これは美白やアンチエイジングを気にする方を始め、日光アレルギーや光線過敏症、熱さに弱い方などにも嬉しいですね。

では詳しく特徴を見ていきましょう。

・日焼けしない

・涼しい

・まぶしくない

・丈夫

大きな特徴はこの4つです。

「日焼けしない」のは通常の日傘であれば反射剤や吸収剤などを使って処理をしているところ、サンバリア100では3層構造の生地自体で遮光しているため破れない限りUVカット率は100%なのです。日焼けしないだけでなく差している間は「涼しい」のも特徴です。

熱中症原因にもなる赤外線もカット率100%なのでとても涼しく感じます。強い日差しは暑いだけでなくまぶしいですよね?サンバリア100は全商品裏生地が黒になっていて、地面からの照り返しも吸収してくれるので「まぶしくない」のです。

そして純国産のサンバリア100は、同じ紫外線カット100%の他社製品と比べるととても「丈夫」です。

又、6ヶ月の保証付きなのも安心です。

 

オススメのタイプ

日傘

(参考:シルエットデザイン)

日傘のタイプは普段の生活に合わせて購入するのがよいでしょう。

折り畳みの中にも2段と3段があります。2段タイプは連結部が少なく3段よりかは丈夫で畳みやすいです。完全に折り畳まずにすぼめた状態で持ち歩いても可愛く便利ですが、長めなのでカバンのサイズによっては入りきらないことがあるので注意が必要ですね。

電車通勤で乗車時間の長い方は手に持っていたら人混みに揉まれて折れてしまうことも考慮して、カバンに収まりやすい3段タイプがオススメです。

又、2段に比べて投影面積が約13%広くなっているので少しでも多くの光をカットしたい方にもオススメです。

折り畳みではないタイプに関しては近所にお買い物やお散歩に出かける際に使用する方、特にベビーカーに乗せたお子さんをお連れの方などにオススメです。

 

取扱いに関して

取り扱いについて

(参考:いらすとや)

サンバリア100は人件費などの削減として基本的には公式サイトからのネット販売となっています。

コストを削減しているとはいえお値段は10000円を超え少々お高いですが、この価格設定でも使い分け用に数本購入するようなリピーターも多いことから、それだけ人気が高く値段に見合った品質が保証され、多くの人に支持されているのが伺えます。

又、ハンドインハンド 神戸岡本店でも販売されていますので、近くにお住まいの方はお店に足を運んで実際に手に取ってみてはいかがでしょうか。

【サンバリア100公式サイト】
 http://uv100.jp/

【ハンドインハンド 神戸岡本店】
 http://handinhand.jp/index.html

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ