リンデロンvg軟膏は子供や顔に使えるの?

 酷い湿疹やかゆみは本人にとっても周りの家族にとってもとても辛いものがありますよね。

そんな時一刻も早く症状を改善したいと思うのですが、子供の場合は特に皮膚疾患によく効くといわれるステロイド配合の抗炎症薬を使うのに抵抗のある人も多いようです。

症状改善には使う薬剤の効能や使い方を知ることがとても大事となります。

まずはリンデロンvgは子供や顔などデリケートなものに使えるかなど、どういったものか良く知ることから始めましょう。

SPONSORED LINK

リンデロンvgとは

リンデロンとは炎症を抑える効果の高いステロイド薬に配合される副腎皮質ホルモン剤の一種で、内服薬や軟膏、ローション、座薬など使用する場所によって様々な形状があります。

リンデロンvgとはリンデロンを含むステロイド薬に抗菌作用を持つ抗生物質を配合した薬で、皮膚のかゆみや湿疹によく効く抗炎症薬として一般に知れ渡っています。

リンデロンvg軟膏を使うためには処方箋が必要となります。

 

使用するステロイド薬の量は?

症状に応じて支持された量と使い方を厳守するのが大事です。

ステロイド剤は量に比例して効果が出るわけでもないので、基本的には炎症のある個所に一日に数回薄く塗ります。

【動画】軟膏の使い方

ステロイド薬の主な効果は?

リンデロンvg軟膏はアトピー性皮膚炎などの湿疹やかゆみの他あせもやじんましん、虫刺されなど多くの皮膚疾患に有効で、ひどい症状でも短期間に症状を改善する力があります。

SPONSORED LINK

リンデロンvg軟膏は顔に塗っても平気?

適量を守り正しく使うことが大事となります。

リンデロンvg軟膏は皮膚疾患の特効薬ですが副作用もあるため、顔に使った場合の副作用も知っておきましょう。

短期間であれば顔に使用してもほとんど問題になりませんが、やはり長期に大量に使用した場合に表面の皮膚が薄くなってしわやひきつった感じが現れたり、毛細血管が広がることで赤ら顔になる人もいます。また瞼は薄い皮膚ですので塗り続けることで眼圧が高くなる危険性があります。

 

リンデロンvg軟膏の副作用は

 

・ステロイドは炎症を抑える力が強いため頑固で症状の重い疾患には重宝がられますが、免疫力が落ちるため他の病気を併発する危険性があります。

それをカバーするためにリンデロンvg軟膏には抗生物質と化膿止めが配合されています。

・ステロイド剤は長期に使用すると腎臓障害を引き起こす可能性があります。

糖尿病や緑内障、白内障、骨粗しょう症、高血圧、筋力低下などの症状が表れたら医師に相談しましょう。

・中には頭痛や発熱、口の渇き、倦怠感、腹痛、皮膚が敏感などを訴える人もいます。

これらの症状が現れなくてもステロイド剤を長く使っているにもかかわらず症状が改善されない場合は、念のため医師に相談することが肝要です。

 

子供に使っても大丈夫かしら?

赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く薬の成分が皮膚の中へ早く浸透していくため、ステロイド薬の使用には細心の注意が必要です。

皮膚に疾患が現れたら自己判断をせず必ず小児科を受診しましょう。ステロイド薬には強さに合わせて種類があり、赤ちゃんにステロイド薬を使う場合は作用の弱い薬を処方されることが多いようです。

現実に私の子供が4歳の頃アトピー性皮膚炎で小児科を受診したとき、リンデロンvg軟膏を処方されました。

薄く一日数回塗るように指導され、ステロイド系とは知っていましたが子供がひどくかゆがっていたので言われた通り塗っていました。やはり効き目はてきめんでしたね。

副作用のことも知っていたので症状が落ち着いてもだらだらと使うことはしませんでしたが、必要以上に怖がらず適量を守って正しい使い方をすれば早い完治につながるようです。

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ