熱中症対策に合わないドリンク!合うドリンクの作り方

熱中症対策に大切なのは水分だけ、と考える人はさすがに少ないでしょう。
「水分と電解質の補給」が必要とさまざまなスポーツドリンクが売られていることは周知の通りです。
改めて、熱中症の対策としてはどんな飲み物がよく、逆に好ましくない飲み物とは?を復習し、手軽に自分でも作れるドリンクレシピをご紹介しましょう。

SPONSORED LINK

暑い時に運動や屋外などで激しい作業をすると、
体内から水分や電解質が急速に奪われ、奪われたそうした成分を補給する必要があります。

補給必要は水と電解質

補給が必要なのが、①水分②電解質(ナトリウム・カリウム・塩分)です。こうした常識が広まり、スポーツドリンクが定着した思われますが、スポーツドリンクには決定的な欠点があります。それは、糖分をかなり含んでいることです。

ですから、熱中症対策としてスポーツドリンクを活用するなら、
水で薄めた状態にし、塩とレモン(クエン酸を含みます)などを加え、
マイオリジナルドリンクとして飲むことです

次に市販のものとしては、経口補水液(OS-1などの商品です)が熱中症予防に開発され、
スポーツドリンクよりもカロリーは少なく、効果的です。

 逆に、熱中症対策に向かない飲み物は次のようなものです。

 ・カフェインが含まれるもの(コーヒー)

  • お茶、特に濃いめお茶

  • お酒

これらの飲み物には利尿作用があり、かえって体内から水分を奪ってしまいます。
案外飲む人がありそうなお茶ですが、ご注意ください

手作りで経口補水ドリンクを作ろう

【動画】⇒【動画HowTo】熱中症対策に!「経口補水液」の作り方

スポーツドリンクやOS-1などの商品は高い、という方向けに手作りの熱中症予防ドリンクを最後にご紹介します。
必要なのは、水と砂糖、塩。この3つのみです、簡単ですね。

レシピ

①水1リットルに対し、砂糖は25g程度、塩は2g程度。
②「甘さ」が自分に合わない場合は、砂糖と塩の比率を調整してみてください。
③ここにレモンやレモン果汁を加えるとクエン酸が加わり、さらに良いでしょう。

ドリンク

【出典】webヘルスケアコム

実は私も学生時代に陸上の中距離をやっていました。
当時はスポーツドリンクというような商品はまだ発売されていず、レモンを絞ったものを水に入れ、砂糖で甘さをつけ、ということを何の理屈もなく作っていたことがあります。今となっては効果があったのかどうか、はよくわかりませんが…。

SPONSORED LINK

まとめ

熱中症対策に飲み物は必要不可欠なものです。
すぐに頭に思い浮かぶのは、市販のスポーツドリンクや熱中症予防のために売り出された経口補水液です。
しかし、一部の商品は欠点がありますし、使う量が多いと、経済的な負担も大変です。
水+砂糖+塩の3つだけで簡単に手作りの飲み物ができますので、ぜひ一度は挑戦し試してみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ