熱中症対策には飴がおすすめな理由!効果・注意点は?

これから暑さ本番を迎え、熱中症が心配されます。
熱中症を防ぐにはどんな対応・対策が必要でしょうか?

「塩分を摂る」というのが大きなカギになることをご存知ですか? 
そんなこともあり、最近、人気なのが「塩飴」という
塩分を手軽に補給できる飴です。

どうしてこの飴が熱中症対策に効果的なのか、
理由を含め、最新の飴商品ラインナップなども紹介しましょう。
熱中症にならないためには次のような対策が大切です。

SPONSORED LINK

  • 水分を十分に取る。

  • 熱や日差しから体を守る。

  • 運動や作業をする場合は休憩をこまめに取る。

  • 塩分を適度に摂る。

  • 身に着ける衣服を工夫する。

 
【動画】⇒塩熱飴Sportsダンス

忘れがちになる塩分補給

このうち、水分補給などについてはよく知られていますが、
案外に盲点となっているのが、「塩分補給」です。

暑い時に運動など激しく体を酷使すると、
私たちの体からは大量の汗が流れ出します。

この汗によって体内の血液や体からは
水分と一緒にナトリウム(塩分)が排出されてしまいます。

運動をする時に必須の水分の存在は忘れられませんが、
一緒に奪われることになるナトリウムについては
それほどの認識がなく、補給する人は少ないのです。

水分と塩分を適度に補給し、
体内の水分と塩分のバランスを保つことがとても大切です。
このバランスが崩れると、手足がつったり、
けいれんしたりなどとても辛い思いをしてしまいます。

ですから、暑い季節に屋外などで激しい運動などをする場合は
あらかじめ水分と塩分を摂っておくことが大切です。

ame1【出典】みの屋

そして、この塩分補給を手軽にできる、と人気なのが塩分を含んだ飴です。
塩分補給用に、と手軽に携帯でき、常備できる「塩飴」です。

この塩飴、熱中症に効果てきめんということで
複数メーカーからバラエティに富んだ商品が発売されています。

人気商品は順不同ですが、
①熱中飴(井関食品)
②巧の塩飴マスカット味(サラヤ)
③塩あずき(UHA味覚糖)
④男梅(ノーベル)
⑤塩サイダー(UHA味覚糖―など
です。

SPONSORED LINK

熱中症に良い、と言っても適度に食べ(なめ)ること

いかがですか?熱中症対策ではなくても、
一度は食べて(なめて)みたいと思わせる商品とネーミングではないですか?
熱中症を予防しながら、飴のバラエティ豊かな風味、味を楽しめます。

順不同、とは書きましたが、「熱中飴」はまずいのでは?」という常識を覆す、
抜群の味を誇る塩飴の最高峰です。
その他の塩飴もネーミング通り、マスカットやあずき、梅、サイダー
それぞれの味を楽しめる、個性豊かな飴の数々です。

ame2【出典】setagaya-1 

これらの塩飴、注意した方がよい点もあります。
それは、食べ過ぎです。

食べ過ぎると、塩分が過多になり、
体のむくみや高血圧の原因になってしまいます

さらに、飴を食べ過ぎ(なめ過ぎ)ると、喉が渇き、
スポーツドリンクに必要以上に手を延ばしかねません。
スポーツドリンクにはやはり塩分が入っていますので、要注意です。

塩飴は適度に食べること、
そして食べた後のドリンクとしては
塩分を含まない麦茶などを飲む習慣をつけましょう。

スポーツ中に塩飴を、ということで、
持ち運び・携帯に便利ということでは、「熱中飴」がピッタリです。

塩分が強くとても塩っぽい飴ですが、ナトリウムをそれだけ多く摂ることができ、
他の塩飴より持ち運ぶ個数は少なくて済みます。
真夏のサイクリングなどにはピッタリの商品といえます。

 

まとめ

熱中症を予防するためには水分とともに、塩分補給が大きなポイントとなります。
曽於の最近、とても人気があるのが、手軽に塩分補給ができる「塩飴」です。

多くのメーカーからバラエティに富んだ商品が出ていて、
その味わいや手軽さ、携帯に便利などの特性を考慮し、
自分が好みのものやスポーツシーンに合ったものを選びましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ