その色合ってる?女性も必見ネクタイのおしゃれな選び方!

ネクタイはお父さんが毎日仕事に行くとき着けていく印象が強かったのですが、
今はこれをおしゃれに取り入れている若い方がたくさんいますよね。
女性がつけていることも多くなり、男性のみがつけるというイメージはほぼなくなってきています。

さぁ、そんなネクタイについて、おしゃれのポイントを押さえてみましょう。

 

ネクタイの種類

ネクタイの種類

ネクタイには種類があるということを知らなかった方も多いと思います。
何も、お父さんが着けていくようなあのネクタイだけがネクタイということはないんです。

そのネクタイのことを巾タイといいます。
こちらはビジネスなどの社会的な面からおしゃれに使う人もいるほど幅広く使われています。

カジュアルめなネクタイなら、先端が四角形になっているものもありますね。
これは角タイといいます。

では、他にはどのようなネクタイがあるのでしょうか。

一般的に知られているようなものだと、蝶ネクタイもネクタイの1つですね。
おしゃれとして使用している人が多いのは女性のような印象があります。
男性では、パーティのときや結婚衣装などのセレモニーのときに使われていたりします。

そして、紐状のループタイやリボンを手結びするリボンタイ
男性でも無意識のうちに使っている方もいますね。
リボンタイは女性のブラウスなどに使われている場合が多いです。

ネクタイはそんなにかっちりしたものでなくなってきて、身近にあるものになっています。
服に付属品として付いている場合もありますので、手持ちの服をチェックしてみてください。

 

色の選び方

ネクタイの色の選び方

ネクタイの選び方としては2つあります。
同系色で調和させる場合と、差し色として目立たせる場合とです。

まず同系色で調和させる場合。

これは全体の服の色に合わせることで、まとまりを見せます。
会社などのオフィスファッションではよく使われていますね。おしゃれとしてのファッションなら、あまり目立たせたくないときに使われることが多いです。

例えば、グレーのスーツに黒のネクタイ。
ブラウンのパーカーに黄色のシャツならブルーのネクタイなど。
あくまでそのファッションのメインにならないネクタイの使い方です。

 

そして差し色として使う場合。

全体が暗い色なら、ネクタイだけ派手な色にするなどファッションとしても使われますし、セレモニーの現場でもこのような使い方をしている人は多いです。

定番なのは、黒のスーツにの蝶ネクタイ
ピンクのワンピースに、ブラックのリボンタイ。
服と正反対の色味にすることによって全体的にメリハリが出ます。

 

結び方の種類

こちらのサイトに詳しく載っていますので、参考にしてみてください。
http://www.aranet.co.jp/spissue/knowlidge-06.html
ネクタイの結び目は1種類に見えますが、実はいくつか種類があります。
結び目を広く見せたり、小さく見せたり。
それにより印象がだいぶ違ってきますね。

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ