カラスはなぜ人を襲うのか? 襲われないための対策は?

 

カラス1

童謡に ♪カラスなぜなくの……♪

という歌がありました。歌を聞く分には、本当に可愛らしい獲り見見えますが、最近では塵置き場を荒らしたり、人を襲うまでにもなって来ています。

昔はカラスから襲われる何で考えてもみませんでしたが、やはり昔と今では環境が違うのでしょうね。

SPONSORED LINK

◎カラスが人を襲う理由

私も何度かカラスに襲われた事があります。その時は事なきを得ましたが、やはり怖いですね。

カラスは襲うと言うより「威嚇する」といった方が正しいと思います。

自分の縄張りを荒らされたくないと言う本能の行動なのでしょう。

中には本当に頭をくちばしで突かれてけがをした人も私の近くにもいます。

聞いて見ると「あっ」という間もない程だそうです。

 

◎襲われる人の特徴は?

カラスは視覚がとても発達していて特に黄色い服を来ていると襲われる可能性が大だそうです。

そして、からすは、頭の良い鳥で、人の顔を認識できるのだそうです。

カラスに対して何らかの攻撃を加えた事のある人の顔を覚えていて、復讐するのではないでしょうか。

 

何もしないのに襲われたと言う人もいますよね。

そういう補との場合は、カラスの繁殖期に巣に近づいてしまい襲われたと言う可能性があります。

カラスが一番嫌がるのが自分の巣に関心をもたれると言う事のようです。

目の非常に良い鳥ですので、巣を見ている人をすぐに発見します。

本当は巣など見ていなくても巣のある方向を見ているだけで、警戒し攻撃して来ます。

カラス2

◎襲う時期・時間帯はあるのでしょうか?

カラスが人襲うのは、繁殖期が一番多いいと言います。

自分のうに雛がいる状態の時人が近づくと「敵が来た」と見なします。

 

繁殖期は6月~7月です。

この時期巣の中で雛が育ちますが、まれに雛が巣から落ちる場合がありますが、その雛を触ろうとすると、カラスの集中砲火を受けかねません。絶対に触ってはだめです。

雛が育っているこの時期は、親ガラスは一番警戒心強いのだそうです。

時間帯としては、ほとんど「この時間帯は危ない」というものは無いようです。

SPONSORED LINK

◎対策、グッズは紹介

対策としては、カラスを怒らせないこと。

前兆を見極める事。

カラスに後ろを見せない事。

 

防御法のグッズとしては

・ステッキを担いで歩く

・帽子をかぶる

・傘をさす

・差し棒を伸ばして、頭の後ろにかざして歩く。

 

カラスに襲われる場合は、何がしかのりゆうがあります。

今まで述べた事を一つづつ無くしていき、対策グッズの一つでも持って歩けば、襲われる可能性が少なくなる事だと思います。

特に何度も言いますが、巣には絶対近寄らないで下さいね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ