暖房器具の電気代!おすすめの選び方

温暖化と言われていますが、毎年一度は日本各地で大雪が降るのがちょっと不思議ですね。
ことしも寒い冬ですが、この冬を暖かく過ごすためには暖房器具は不可欠。

でも、暖房器具って意外に種類があってどれにしたらいいのかわかりにくいのも事実。

ここでは、ことしの冬にオススメの暖房器具をご紹介しましょう。

1…暖房器具の種類は?

暖房の種類と選択肢

暖房器具の暖め方には大きく「対流式暖房」と「輻射式暖房」という二種類があります。
それぞれ人が感じる暖かさというものが違っています。

◯対流式暖房

対流式暖房は、温かい空気を出して部屋の空気を暖めることで、部屋全体を暖めていきます。
エアコンやファンヒーターが代表的な暖房です。

・対流式暖房の長所

暖かい空気を対流させるので、部屋全体が短時間で暖かくなるのが特徴です。
また、一般的に対流式は輻射式と比較して経済性が高いケースが多いのも特徴です。

・対流式暖房の短所

短所は、壁や床などが暖められるわけではないので、室温に対して体感温度が低く感じてしまうというところ。
また、対流によりホコリが巻き上げられるので、アレルギーの人などは注意が必要です。

 

◯輻射式暖房

輻射式暖房は、輻射熱を利用する暖房
太陽と同様に暖房器具が出す赤外線が、熱の向かった方向にある物体を暖める方式です。
石油ストーブや電気ストーブ、オイルヒーター、床暖房などが代表的です。

・輻射式暖房の長所

長所は、スイッチをつけて前にいればすぐに暖かくなるという点。
ストーブは除きますが、燃焼を伴わないため、部屋の空気が汚れないのも特徴です。

壁面や床の温度が上昇するので、体感温度もアップするので室温以上に暖かく感じます。
また、空気を暖めないので部屋が乾燥しません。

・輻射式暖房の短所

短所は、部屋全体を暖めるのには適していません
大きい部屋だと輻射式では暖めきることは難しいでしょう。
また、オイルヒーターや電気ストーブなどは電気代が高位という課題もあります。

 

2…一人暮らし向けの暖房機器は?

暖房の種類

暖房機器の特徴は、いま勉強しました。
では、一人暮らし向けの暖房機器はどのようなものが良いでしょう。

① エアコン…

最近、寒冷地向けのエアコンを各社販売しています。
対流式なので、すぐに暖かい空気は部屋に広がります

一年を通して使えるのが魅力です。

② 石油ファンヒーター…

多くの家庭で使われている暖房機ではないでしょうか。
温風ですぐに暖かくなります

定期的に換気しなければならないのが欠点です。

③ 石油ストーブ…

輻射熱と対流熱の両方を効率的に利用できるが特徴
石油と乾電池を使った暖房なので、停電や災害時でも利用できるので安心です。

④ オイルヒーター…

直接触れても火傷をする心配が低く安全性が高いのが特徴
暖まるのは遅く、電気代も高くなりがちですが、一度暖まると暖かさが持続します。

 

3…電気代などコストは?

暖房の電気代

それぞれの特徴を理解したところで、やはり次に気になるところは、やはりコスト。
消費税もまた上がりますし、少しでもお金はかけたくないところ。

種類別に暖房コストを見てみましょう!

暖房の種類 1時間の暖房費の目安 暖房スピード 手軽さ
エアコン(6〜7畳) 約15円 すぐ暖まる 電気のみ
石油ファンヒーター
(10畳)
約35円 灯油は97円/1Lで換算 すぐ暖まる 灯油の購入、
換気が必要
オイルヒーター 33円 時間がかかる 電気のみ

石油ストーブは、灯油のみの使用のため割愛

 

コスパ最強の暖房器具【2ch】

4…まとめ

暖房器具まとめ

まだまだ、悩むという方にはこんな組み合わせは、いかがでしょうか。
ズバリ、エアコンと石油ストーブ。

対流式と輻射式を組み合わせるのが鉄則です。

エアコンは他の電気式暖房器具とは違い、電気を熱に変換するのではなく、空気を圧縮することで熱を作るヒートポンプ方式を採用しています。
この方式は、他の暖房器具と違い効率がよく、電気代を節約できます。
さらに、一度導入すれば寝苦しい夏とは無縁です。

デメリットとして、乾燥しやすい、導入時のコストが高いというのが挙げられますが。

そして、エアコンに追加するのが、石油ストーブ。
やはり、火で暖まるのは体感も気分も他の機器とは比較できないものがあります。さらに、上にやかんを置けば加湿器がわりになりますし、焼き芋もできたりします。

電気を必要としないので停電時・災害時にも暖を取れるのが最大のメリットです。

この冬は、賢く、ダブル暖房機で使い分けをしながら乗り切ってみませんか。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ