シックなカラーで大人な印象!ネクタイはバーバリー・ブラックレーベル

バーバリー・ブラックレーベルとは?バーバリーとの違い

バーバリー

(参考:バーバリー・ブラックレーベル公式サイト)

1998年に25~35歳の男性向けに日本オリジナル商品として展開されたのがブラックレーベルです。特にビジネスマン向けのトレンチコートはスタイリッシュで大きな支持を得ています。

バーバリーといえばキャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーチェックが有名ですが、ブラックレーベルでは紺地または黒地に白と赤で構成されたブラックレーベルチェックが特徴です。

SPONSORED LINK

バーバリーを使用している芸能人

バーバリー愛用芸能人

(参考:Blogolfer News)

女性だけでなく男性にも人気のバーバリー。

中でも成宮寛貴さんはバーバリーのイベントにも参加したことがあり、雑誌に写真が掲載される際もバーバリー製のネクタイを着用していることが多くかなりの愛用者だと思われます。

他にもバーバリーのマフラーを着用しながら来日したことで有名な中田英寿さんを始め、木村拓哉さん、山下智久さん、大野智さん、松本潤さん、藤木直人さんなどが有名です。

 

バーバリーのネクタイの相場

バーバリーネクタイ

(参考:トレジャーファクトリー)

店舗によって前後しますが、だいたい1万円~2万円くらいが相場だと思われます。ネットオークションにはとても安価なものがあったりしますが非正規品の場合もありますので注意が必要です。

 

取扱いに関して

取り扱い

(参考:バーバリー・ブラックレーベル公式サイト)

全国百貨店やネットショッピング(楽天市場など)で購入することができます。中でも、
バーバリー・ブラックレーベル 渋谷店
http://www.burberry-blacklabel.com/map/shibuya.html

バーバリー 銀座店
http://www.burberry-bluelabel.com/store/map_ginza.html

バーバリー通販専門サイト BBL SHOP
http://bbl-shop.com/
これらが代表的な店舗となっています。

又、日本でのバーバリーライセンス契約を請け負っていたアパレルメーカーが本場の英国バーバリーとの契約を打ち切られ、バーバリー・ブラックレーベル(ブルーレーベル)は20115年秋冬に販売が終了してしまいます。

バーバリー・ロンドンは2015年春夏シーズンで終了となっていて、バーバリー丸の内店は2/28に販売終了となりました。

そのため駆け込み購入が予想されますので、購入を迷っている方はお早めに!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ