京都の大文字が焼き尽くす!ディナーも食べられるスポットは?

梅雨が明けると、炎天下の夏の到来ですが、地方を離れていらっしゃる方はお盆の帰省も考えていらっしゃることでしょう。

各故郷では、お盆の行事があり楽しみにされている方も沢山いらっしゃるでしょうね。精霊流しなど色々あるようです。

さて「大文字焼」といえば、京都の「祇園祭」「葵祭り」「時代祭」を合わせて「京都四大祭」の一つに数えられます。

一口の大文字焼と言いますが、実際は五山の火送りとして京都では知られているようですが東山妙ケ山の「大文字焼」が有名で、これを持って「大文字焼」の総称にしているようです。

 

京都大文字の日程、時間は?

この「大文字焼」を知らない方はいないと思いますが、五つの山で送り火がたかれる事は、あまり知られて居ないのではないのでしょうか?

「大文字焼」が実施されるのは、毎年8月16日の夜に行われます。

東山妙ケ山の「大文字」は午後8時に点火
「妙」は松ヶ崎西山ー万灯籠山は午後8時5分点火
「法」は松ヶ崎東山―大黒天山は午後8時5分点火
「船型」は西鴨船山-午後8時10分点火
「左大文字」は北大山ー午後8時15分点火
「鳥居形」は嵯峨鳥居本曼荼羅山ー午後8時20分点火

大文字

http://www.kisetsunootayori.com/img/120810_21.jpg

このように5分おきに点火していくそうです。
五つもの文字や形が点火されるとさぞ勇壮でしょうね。

この大文字焼は、お盆の送り火としておよそ江戸初期に始まったと言われています。

大文字

sYCFcEbpgodFcsHng&biw=1280&bih=839#imgrc=_

 

アクセス、駐車場情報

交通手段は自家用車だと混雑しますので、避けた方が賢明かと思います。

一番の見どころスポットは、「イオンモール京都ハナ」の屋上が全て見学出来て一番のスポットではないでしょうか。

その他加茂川堤防、出町柳の三角州付近が見どころのようです。

やはり公共機関を利用した方が賢明なようです。

 

送り火が見られる鑑賞プラン、食事ができるところは?

いくつか鑑賞プランがあるとされている場所を紹介すると

  • 京都国際ホテル
  • 京都タワーホテル
  • からすま京都ホテル
  • 京都全日空ホテル
  • ザ・ パレスサイドホテル

などが挙げられます。
少々値は張りますが大文字をみながら食事を贅沢に味わえるプランと考えれば良いかもしれませんね。

気軽に食事をしながら大文字焼を見たいと言う方は

鴨川と大文字が見れるテラスもあるカフェ
BonBonCafe

烏丸線今出川駅にある同志社大学のキャンパス内にあるフレンチレストラン
セカンドハウス・ウィル

というところもあります。

 

まとめ

なにはともあれ、大文字焼はお盆の送り火と言うのが一般的だそうですので、厳かな中にも先祖の供養も合わせて行いたいものです。

詳しくは下記のURLをクリックして頂くと詳しく掲載されていますので参考にして下さい。 https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ